「愛国(反日)教育」が生んだ悲劇

    • 電車内でおきた事件

支那人二人が電車内で五月蝿くしゃべっていたので、口論かどうかわからないが、日本の警察官が注意したら、殴る蹴るの暴行を受け、お茶の水駅で電車が止まったらホームに落とされ、次の電車に轢かれて右足切断、頭蓋骨骨折と言う重症を
負わされた。ただ他の乗客に迷惑だから注意しただけなのに。
彼らは一応逮捕されたけど、帰国したら彼らは「日本鬼子」をやっつけた英雄扱いだ。
全く腹立たしい(#−−)
罪のかけらもない、性根の腐った奴らだ。

80代の元帝国陸軍だった老人が日章旗を掲げて参拝する前なのかしたあとなのか、
さだかではないが、その時、複数の支那人が老人を襲い、日の丸を奪い、さおを折り、旗を踏みつけ、
老人に怪我はなかったものの、助けに行った男性も殴る蹴るの暴行を受けた。
たしか、シナ人はお年寄りに優しいと聞いたけど?(^^;)
それが幻想だったとわかった。ひどい、ひどすぎる!!
彼らもまた、任期を終えて、帰国したら英雄扱いだろう(−−メ)
どこまで性根が腐ってるんだろう。こうゆう卑劣な行為は絶対に許されない!
私が囮になって日の丸のTシャツか、タオルを持って靖国参拝してやろうかな。
被害に遭ったらTVに出れるかもしれないし、かかってこい!シナ人。
ちびでか弱い私が犠牲になったら、きっと、産経新聞あたりが取り上げてくれるだろう。
いつ行くかは、秘密。