フォーチュンクッキーの由来は日本の辻占煎餅だった!

とうとう12万HITページヴュー☆☆☆☆
これもいつも訪問してくださるみなさんのおかげです(^^)
これからもよろしくお願いします。<<(__)>>

ところで、アメリカの中華料理でデザートに出てくるフォーチュンクッキー
横浜の中華街の中華料理店でも出るだろうか?
じつは、日本の北陸地方の神社で新年のお祝いとして、配っていた。
名前は辻占煎餅。日本人庭師でサンフランシスコの日本庭園を設計した萩原眞がアメリカに普及させたと、いわれている。しかし、特許はとっていなかったらしく
第2次大戦後、いくつかの中華料理店がこの煎餅を取り入れ、フォーチュンクッキーはアメリカのチャイナタウンで有名になった。そのため、今でもアメリカ人はフォーチュンクッキーは中国の食べ物と勘違いしている。
私も最近まで知らなかった。っていうか、支那人は勝手に日本文化盗むな!
フォーチュン・クッキーとはお菓子の中におみくじや占いみたいな紙が半分に割ると出てくる。
なんか、頭にくる!中華料理ちゃうわ!
これは、ウィキペディアに書いてあったから事実。
北陸地方の神社の名前はなんだろう?今はやってないのかな。
食べたいなー。