ラジオ短波放送「しおかぜ」の集い

東京都練馬区陸自駐屯地の会場で、拉致被害者奪還運動の講演を行った。
拉致被害者を一日も早く戻してくれるように、訴えた。
近いうちに、大韓航空事件のキム・ヒョンヒに会えるかも知れないともいっていた。
自衛隊幹部(?)石破は、UFOで拉致される心配よりも、現実に北に拉致された被害者を新しいミサイルで恫喝
してでも奪還する方法を考慮すべきだ。朝鮮戦争以来、拉致された韓国人は約500人。
今だに政府は何もしていない!同胞なら助けるべきだろう。
ちなみに「しおかぜ」というのは北朝鮮向けの拉致被害者に毎日メッセージを送っている番組。
北が聞こえないようにと雑音とかの妨害をしている。
韓国の拉致被害者の家族達とも協力するらしい。
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/12/html/d12868.html
いつか残りの拉致された人達や「地上の楽園」とアサヒられて、北に住んでる日本人妻達が一刻も早く
帰ってきてほしい。やっぱり「目には目を」で核武装が必要だ。