読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大連立の利点

花岡信昭のメルマガ491号を読んで今までの私の見解が間違いだったことがわかった。
小沢が打ち出した大連立が成り立ったら、公明党社会党共産党といった、左派の議員を切り捨てることができるようになる。つまり、戦後レジームからの脱却ができるチャンスになるかもしれない。
それを見抜けなかったのはプロじゃないから仕方ない。
賛成しとけばよかった。今思えば。なんでもっと早く気づかなかったんだろう。ドイツみたいに成功したかもしれないのに。でも、小沢一朗が現役議員でいる限り、連立の可能性への期待は捨てきれない。
福田康夫総理よりはまだ、マシなほうだから。
でも小沢は何を考えてるか、わからない。
連立の構想を他の民主の議員達ですら理解できなかったのだから、私に判るはずもない。
いずれ、またこの構想を打ち出してくるだろうからその日を楽しみにしてよう。