通州事件

7月29日に史那の保安隊のよる日本人大虐殺事件は300人〜400人にも及んだ。
過去ログにも書いたけど、今回は更に詳しくかいてあるサイトを見つけた。
http://www.history.gr.jp/~showa/tushu.html
「惨!痛州事件」HPを読んだが、2年前にこの虐殺は史那政府が計画してあったとうのは驚きだ。
蒋介石は外道だった。2・28事件と同じ惨殺を極めるものだった。
なかなか、日本軍が攻めてこないから焦ったのだろう。盧溝橋事件(7月7日)から22日後だった。
全裸で男性が滅多刺しにされたてり、目玉をくりぬかれたり、女性の陰部をくりぬいたり、とにかく
三光の限りをつくした。シナのお決まりの殺し方のパターンである。
この事件を日中国交正常化にともない、歴史教科書に載せなくなった。
これは、歴史上類をみない、悲惨な事件として私たち日本人は世界に発信していかなければならない。
中国人に南京事件の話をもちだされたら、この痛州大虐殺事件を鋭く、つっこめばいいと思う。
これは外国人の目撃者も多いはずだが、東京裁判で、この資料は却下されてしまった。
歴史を鏡にするべきなのは、今の漢民族だ。
それにしても彼らには道徳観念がなかったらしい。当時も今も。