『国家の品格』藤原正彦 著

これは、ベストセラーになった理由が読めばわかるね。
日中戦争とかの歴史認識や、軍事力の強化の必要性が欠けてるけど(−−)
それプラス、この本に書かれてある、武士道とか、自然に対する情緒とか、敗者や弱者に対する惻隠の情が大切と書かれてある。なるほどな、と感心した。あとどんなに性格が悪い奴に対しても、みんなでいじめをするのは卑怯な行為だと、教育すべきにものすごく、共感!私の経験からいってw
私はいじめを受けるいわれはどこにもなかったのだ。どうせなら一対一で話合うなり喧嘩したほうがフェアというもの!
それから、日本の古典を多く読むべきともあったなぁ。私の盲点だった!
論理は破綻してる世の中だしね。私は桜と薔薇、両方好きだけど、うん、いいことがかいてあった。
私は生涯かけて、日本の古典全部を読破する(単純)
日本は文学の国でもある、と、いっても過言ではない。ロシアなどはメじゃない。
活字離れは文化の衰退でもあるね。縦文字をもっと普及させて、ブログやHPでも簡単に書けるようにPCが進歩してほしい。誰か発明してほしい。いちいち改行してまで縦文字書くのは、面倒だから(爆