読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11万人集ったというのは、サバ読みだった!沖縄県民大会

集会に使われた、運動公園は通常1〜2万人くらいしか、収容人数がない場所。
実際に集った(学生などはバスで強制連行されて、参加させられたw)人数は、4万3〜5千人程度。
いくらなんでもサバ読みすぎでしょw
呆れたよ。照屋さんには、がんばって真実を証明してほしい。

沖縄はこれと、同じ末路をたどった気がする。
これも「軍命」ということになってるのには、驚いたけど、全くちがう。
この頃は連日、新聞で、米軍の残虐非道ぶりが毎日のように、載っていた。
なので、捕虜になれば、殺される、レイプされるというのが、当時の国民の常識だった。
だから、サイパンの万歳岬、英語だと、万歳クリフと呼ばれる場所まで逃げてきて、食料もつきた頃、
米兵に投降命令が出されたあと、恐怖にかられた住民は、迷わず日本人としてというよりも。人間としての誇りを守るために、本土のためにたくさん身投げした。現在の感覚で理解不能かもしれないが。
どっちにしても死ぬなら、殺されるよりも自ら死んだほうがましという悲しい過去があった。
同時に負けを覚悟した日本軍もほとんど、玉砕。生き残りはいたのだろうか。
軍命はなかったと思う。これも誰か、証明してほしい。

左のリンクの下の「人気ブログランキング」にワンクリックお願いします。
m(__)m