日本精神

日本の心を私を含めたみんなが忘れてるね。今の世の中で、完璧な日本人なんていないねw
ウヨクのブロガーにさえ。60年間もGHQのWGIPを反日日本人が引き継いで毎日、TVや新聞、映画が
洗脳し続けてるんだから。三島や江藤淳が自殺するのも無理はないね。。。
江藤淳なんて死ぬ直前は「国家なんてどうでもいい」なんてこの国見限ったんだからw
詳しくは、ほそかわかずひこさんのサイト<オピニオン・プラザ>のスターリンマッカーサーの洗脳工作宣伝を読めばわかるよ。
http://homepage2.nifty.com/khosokawa/index.htm
長いけど、時間があいたら読んでほしい。
これ、読んだときはショックだった。。。
憲法なんて、GHQが作った英文を翻訳したものだった。それを無理やり、銃剣でおどし、前文訳させた。
アメリカ憲法と変わらない。それに7年間も他国を占領したのは、世界史上で類を見ない。朝日は48時間、発禁処分をくらい、銃剣とヤキを入れられ、占領軍に都合のいい記事ばかりを書くようになった。毎日や、日経新聞も同じ。産経も占領時はそうだったけど今は普通の国の良識ある新聞になった。このちがいが不思議なんだけどね。
この期間の検閲は今の中国や北朝鮮旧ソ連並みだった。なんと個人のラブレターまで、開封して、なにも問題なかったら「承認済み」の黄色いテープを貼って郵便物までチェックしていたんだから。電話とかもそうだったのかな。
米軍やアメリカ人の邦人殺害は報告書を上回っていた。レイプ件数も。ほとんどの日本人は泣き寝入り。
原爆の批判や悲惨さも7年間、封殺されたままだったくらいだからね。
3S宣伝戦略には驚いた。SEX、SPORTS、SCREENの解放で大衆を政治に関心を向かせないようにした。これは今の世の中を見てると大成功だ。私もそうだしw。でも、今はたとえそれに溺れても国や国益を守る気持ちを忘れないようにしようというのが唯一のアメリカに対する反撃かな。なんでここまで日本人が洗脳されたかというと、やはり「東京裁判史観」が大きい。終戦直後は敗戦の悲しみはあっても、まだ後悔はないという誇りがあった。米軍には不気味に映ったらしい。ちなみに裁判は開戦直後にすでに用意されていたというから愕然とする。
続きは上記のサイトを読んでね。なんか、絶望してきた。希望を持ちたいけど、元々ネガティブ思考なんでね。