読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sapio(国際情報誌)

いつのまに6万,ページビューを超えてた。みんな、ありがとうねー♪
これからもよろしくm(__)m。
さて、本題に入るが、この雑誌、PCのネット環境にない人にとっては、貴重な情報源の1冊。
あの若者達に支持されてる小林よしのりの「ゴーマニズム宣言」が今でも連載されている。
今回は「日米同盟」の危険な落とし穴というテーマの漫画だった。
自分が反米だからって、中国みたいに、日米関係を壊すような真似はしないでほしいもんだ。ファンは怒るかも知れないが。また、戦争に負けて、中国の一部になりたいのか、って言いたい。小林氏に究極の選択を迫ってみたい。
中国とアメリカどっちの味方になる!?米中戦争になった場合はって。会えたら。
あとは、日米間の国際結婚を認めろ、とw。別に親米じゃあないけどね。マイケルホンダというナルシストのせいで(−−メ)。それから、中国のえげつない、対日工作が全て暴露されている!まだ、井沢元彦山村明義の対談しか、読んでないけど(爆。これから、じっくり読んで男性版、ハニートラップの罠にかからないように注意しなきゃ
(--;)。な〜んて、誰も相手にしないかww。残念(?)。私は北京五輪のボイコットに賛成だ。サッカーの反町JAPANのことを、おもうと、心苦しいが。チカシや水野の悔し涙を思い浮かべてしまう。。。でも、それを乗り越えてこそ男だ!日本サッカーは強くなるよ!私が慰めてあげる(はぁと)。
フランスでは北京五輪中止運動が国民の間で高まってるそう。スーダンの弾圧が問題になってるらしい。
今月号には載ってなかったが、米国に安部ちんが慰安婦のことで謝罪したことは、許せない。この問題は、影で中国が煽っていることもお忘れなく。馬鹿なアメリカ人がまた増えるじゃないか。小泉を見習え!安部晋三。私の嫌いな漢方薬にたとえるなんて!ケツメイシか!?櫻井よしことの対談は「文芸春秋」に載ってます。両方のファンは必読だよー。かなり突っ込んだ内容になってたね。ってSAPIO以外の雑誌の話題になっっちゃったw。