インパール作戦とインドの独立

以下、転載
『昭和16年12月8日、日本は米英に対し、宣戦布告氏、大東亜戦争に突入した。開戦初期、日本はハワイ真珠湾、マレー、シンガポール作戦等で戦果を挙げたが、昭和17年6月のミッドウェー海戦において、航空母艦の大半を失い、その後、戦況は逆転の様相を呈してきた。その時、イギリスの植民地支配からの独立を願い、チャンドラ・ボースが日本に支援を要請してきた。日本軍はインド国内の反イギリス独立勢力の支援と、混迷する戦局の打開を計るべく、第33師団「弓』、第15師団「祭」、そして第31師団「烈」の三コ師団によりインド国内の要衝インパールの奪取を目指した。作戦はこの三コ師団の他に、チャンドラ・ボース統立下のインド志願兵一万5千人からなるインド国民軍(INA)も勇躍参加した。3月から始まった作戦は、河幅600Mにも及ぶチンドウィン河の奇襲渡河、
そして、2000Mのアラカン山脈の峻険を越えるという最初の難関を克服し、「弓」の進撃に合わせ、「祭」の挺進隊はミッションを占領し、インパールコヒマ道を遮断、さらに「烈」もコヒマを占領し、コヒマ、モイランそして
インパール周辺にまで、日本軍は進出した。インド国民軍も「烈」と「弓」の両兵団と、行動をともにして、コヒマとモイランに進出。遂に念願のインドの三色旗をインド国領土に翻したのである。しかしイギリス軍の抵抗は極めて頑強で、戦線は膠着、更に空輸により、潤沢な補給を行い、反攻を加えてきた。日本軍は食料弾薬ともに途絶し、その消耗が極限に達した雨季の6月、ついに撤退を余義なくされた。連日の豪雨のなかの惨たんたる撤退は日本軍に多くの戦死、戦病死者をだすこととなった。戦後イギリスは「インパール作戦に参加したインド国民軍は、イギリス皇帝に対する反逆者」として、3名の将校を極刑に処そうとしたが、このことがインドの民衆の怒りに火をつけた。
抗議運動はインド全土に広がり、いたるところで官憲と衝突、流血の惨事となった。特にイギリス海軍所属のインド人乗組員の一斉反乱が与えた影響は大きく、遂にイギリスも事態収拾困難と考え統治権を譲渡、相当の年月がかかるといわれていたインドの独立は、パキスタンとともに戦後わずか2年後の昭和22年8月15日に達成されたのである。
ーそれぞれの国と家族を思う純粋な心と信念をもって戦った、日本軍とインド国民軍(INA)の英霊を私達は、忘れない。』
いい話だよねぇ(^^)。それまで英国はインド人に対して、ひどい拷問とかしてきたから、百年以上も、鬼畜から独立できて、良かったよ、本当に。。。これは、遊就館においてあった、チラシの中身の全文。表紙と、最後の表紙にはインド国民の退役軍人、デロン中佐からの感謝とお礼の便りやP・N・Lekniというインド最高裁弁護士の「恩を忘れない」というような詩も載っていた。これは、実際に見てほしい。機会があったら。
最後に平和の象徴の曲の動画を紹介。

XJAPANの「FOEVERLOVE」♪
英霊達のおかげでhideやYOSHIKIに会えたと感謝したい☆
hideは迷彩ガラの衣装を陸自と同じファッションなのに、気に入ってたもんねw。平和主義なのに変だけどいいや。ちょっと嬉しい(?)。