特攻隊の真実。

と、いっても、桜ch(今はハッピーchに引越し。無料で見れる。)の番組で見た程度なので、本や遺書を読みふけってる人やサヨクに比べたら勉強不足だけど(^^;)。最近、YOUTUBEなどで、森山直太郎の「さくら」
のBGMで感動的な映像や真実の彼らの姿がここに描かれている。歴史に無知な人や、強制的に駆り出されたと勘違いしてる人達に是非、見てほしい。動画のタイトルは「真実は何処に・・・」。

これを見るたびに涙がこぼれてくる。まるで、私のDNAに訴えかけているようだ。
いうまでもなく、これは、捏造ではない。
これをみても、疑う人は、日本人じゃないし、もしくは日本の心を失ってしまった哀れな人々だ。
私も哀しい。ストレスだらけの毎日で、母親が気に入らない弁当を買ってくると、キレて、八つ当たりしてしまう。
きっと知性がないからかも。私は何処にも行き場がない。そんな社会になってしまった。
彼らなら、私を守ってくれてるかもって、思ったら、こんな私でも生きてる価値があるような気がしてきた。
シラミ同然の私でも、優しくしてもらえた気がする。もし当時にタイムスリップしたら。
彼らのほうが、現在の若者よりも幸せな生き方をしたんじゃないかと思うほどだ。
ちなみに外食で高級料理を食べてる瞬間は感謝できそうな気がする。