NYタイムズは米国の”朝日新聞”

慰安婦:過ちと求めるのは克服の第一歩、=NYタイムズ
『第2次世界大戦当時に日本軍が従軍慰安婦を強制連行したことを裏づける証拠はないと発言した安部晋三首相に対し、NYタイムズは6日付けの社説では安部首相ら日本の政治家が過去の過ちを克服するために最初に行うべきことは、過去の過ちを認めることだと、悟るべきだと忠告した。社説では、さらに日本は従軍慰安婦の連行について謝罪した1993年の河野談話を見直すのではなく、さらに深く反省し、日本の議会は率直に謝罪して、生存者には公式的に保障すべきと主張した。以下はNYタイムズの社説前文。
「安部首相は従軍慰安婦について何を理解できずに謝罪を拒否するのか。従軍慰安婦についての問題は長いあいだ、
多くの論争を引き起こしてきた。日本はWW2に日本軍の性的奉仕の為に韓国など、植民地から、動員した女性で、
慰安所を設置。運営した。彼女達は、商業的な売春女性ではなかった。明らかに強制的に連行された女性達だった。
売春ではなく終わりのない強姦の被害あったのだ。日本軍がこれに介入したのは日本側文書でも明らかだ。
また、1993年には当時のい河野洋平官房長官は謝罪している。にも関わらず、被害者の保障の為の民間基金は、
今月で解散される予定だ。安部首相は現在この問題に終止符を打とうとしている。彼は、3月1日に日本軍が慰安婦
を強制的に連行したことを裏づける証拠はないと発言した。しかし、日本がこの問題にたいして責任を願う国は米国だけではない。韓国や、中国はすでにかなり前から慰安婦問題に対する日本のあいまいな態度に怒りを表明してきた。安部首相は、世界的な名声よりも、多くの右翼から支持されることに関心があるようだ。右翼勢力はしかし、このように、真実を歪曲する日本の恥ずべき国にすべきだ。日本は1993年の謝罪談話を見直すのではなく、より拡大しなければならない。また日本の議会は従軍慰安婦問題に対して、率直に、謝罪し、生存する被害者に十分な公式での賠償をすべきだ。安部首相をはじめとする日本の政治家が過去の政治家が過去の恥ずべき行為を認めるのがその過ちを克服する第一歩であることを悟るべきだ」』
ふう=3。手書きコピペはつかれるぜ。米軍はイラクでの行為を棚に上げて、過去を責めている(#−−)。
それに戦前は韓国人の日本軍もいたことをみんな知らぬ存ぜぬだ。彼らが一番美味しい思いしたんじゃないの?
もちろん、強制連行を否定しての話だが。NYタイムズといい、朝鮮日報といい、事実を歪曲してるのはぎゃくに
お前らだ!といいたい。さすが、カルト新聞だwww。やっぱアメリカ人て、知的水準が低い。私のほうが上かも♪