2・28事件in台湾

これは、1947年2月28日に起きた世界に類をみない大虐殺事件。
事件は、台北市内の繁華街に位置する「天馬茶房』という喫茶店の中の前で起こった林さんという中年の女性が
家計を支えるためヤミ煙草を屋台で売っていた。そこへ市中の取り締まりに来た国民党の取締官6名が現れヤミ煙草
のみならず、売上金まで没収しようとした。女性は「これはうちの生活費だから取らないで・・・・お願い、返して
・・・返して」と必死の思いで哀願する。しかし、戦後、中国からきた外省人とおぼしき取締官は「うるさい、黙れ!」と追いすがる彼女を数回殴打。女性は顔面血だらけとなり、朦朧としながら、「返して、お願い」と執拗に追いすがるのだった。この非情な光景を見ていた市民が怒り狂って罵声を浴びせる。さらに民衆の怒りは収まらず、石を投げつけるものまで、現れ取締官は恐れおののき、拳銃を乱射した。その一発が陣文〜という見物人に命中死、即死。怒り心頭の民衆は、警察署を包囲。外省人に対する抗議、無差別攻撃、暴動が台湾全土に広がりをみせた。
翌日、28日群集は台湾機構(国民党政権本部)を包囲し、台湾行政長官公署で犯人の処罰を要求。
ところが、それを受け入れず、中国から、新たに国民党軍がきて約2〜3万人を虐殺。目をくりぬいたり、針金で、身体を串刺しにしたり、というような目を、覆うような虐殺を4日間繰り返した。さらに、台湾の数名の知識人の青年を逆に処刑した。詳しくは台湾の声(メルマガ、無料)を購読すればいいよ。Googleで調べれば出てくるかも。「李登輝友の会」のHPでもいいし。しかし、本当にひどいことするね。外省人は。
私なんて、たとえ中、韓、朝、露が憎くても、ここまでひどいことは出来ない。
もう、これこそ、想像できない惨状だよ。日本人にも同じこと大陸でやったし(有名なのは通州事件)。
中国語聞きたくないね。でも、文化まで否定することないんだけどね(^^;)。
私より知能が低いんじゃないの?こんなことする奴は。民度は明らかに私より低いねw。
相変わらず毒舌で失礼。