従軍慰安婦

今日は韓国と言うことで、とうとう、この記事を書くことにした。まあ、信じてない人が大半だと、思うけど、
はてな住人には、今だに信じてる私よりアホな奴がいる。まあ、従軍慰安婦自体は存在した。いわゆる軍人相手の娼婦と、言うことね。戦線が長引くにつれ、個人の現地女性のレイプがあったりして、それを防ぐために、性病が蔓延しないためにも軍が認めた売春宿がいくつか存在した。あの頃は、貧しくて、売春禁止法などなかったからね。問題は強制連行じゃないのに、今頃、法廷で騒いで、賠償請求を求めていることだ。吉田清治と言う人が書いた「私の戦争犯罪・朝鮮連行強制記録」という一冊の本から始まった。朝日がこれを利用して、日本軍の強制連行説糾弾キャンペーンが始まった。私も90年代は信じてた(^^;)。それが韓国にも飛び火した。吉田自身は「作り話」といってるが・・・。今は高齢の自称「強行連行」された人がオランダ人にも要るそうだが、当時は娼婦として、かなり、儲けただろうね。白人は珍しいからw。日本女性の中にも、従軍慰安婦がいたけど、「強制連行」されたと騒いでるのは韓国だけ。オランダ人は良くわからない。自分の魅力を保持したいだけでしょ。金目当てとか。NHKにいくら金もらって、出演したんだろうね。イヒヒヒー♪(>▽<)。