(転載)「生命線、台湾を守れ!」国民決起集会

「目下台湾攻略を目標とし、軍拡に総力を挙げる、中国覇権主義。よってこの国がもっとも恐れるのは、
いうまでもなく、日本の目覚めと気概復活、つまり、生命線である台湾の防衛に乗り出すことにあります。
ところが我が国の政府、国民は「生命線」という言葉すら、忘れて久しく、中国膨張の動きを他人事のように
傍観するのみ。もし、台湾が中国に併呑されれば、次は日本の属国化であることを知るべきでしょう。
そこで我々は「生命線防衛」を訴える運動を本格化させるべく、下記の通り国民決起集会を開催しますので、
ぜひともに立ち上がってください。(25日には、東京と大阪で、デモ行進を行います。)

【日時】平成19年2月3日(土)午後6時〜(開場5時半)
【場所】文化区民センターホール。(後楽園駅春日駅スグ。水道橋徒歩10分。文京シビック斜向)
【講演】①平松茂雄氏(中国軍事問題研究家)「台湾は日本の生命線」
②西村慎悟氏(衆議院議員)「運命共同体としての日本と台湾」
*講演終了後、台湾防衛に関する決議文採択あり。
【入場費】1000円(カンパも歓迎)。
【主催実行委員会】加盟団体:台湾フォーラム、維新党新風東京都本部、
主権回復を目指す会、日台交流同友会、
政経調査会、MASUKI情報デスク、
台湾戦没者慰霊の会、その他。
【協力】台湾の声在日台湾同郷会
*問合せメール koe@formosa.ne.jp 台湾の声
電話 090−4138−6397 永山 」

皆さん、振るって参加して欲しい。近くに住んでる人は。私は遠すぎていけないので(^^;)。
それにしても、もしこの文が本当なら、まず、最初に沖縄が中国の属国になってしまうだろう=3。
すでに、ガス油田、採掘されてるし、無断で(#−−)。尖閣諸島もいくら、石原都知事が、頑張っても
難儀だなぁ。日本の将来を憂えてしまう今日この頃。