『イタリアで南京大虐殺史実展を開催』「人民網日本語板」12月14日・18:27(北京時間)

今年最後の更新になることを祈りたいが、「明日は明日の風が吹く」ということで、次の反日プロパカンダ。
中共も必死だな。クスッ。
『中国江蘇省政府新聞弁室とイタリアのモンテカティーニ市政府が共催する「忘れえぬ 第二次大戦の災禍ー
南京大虐殺史実展」が13日、モンテカティーニで開幕した。
江蘇省代表團の揚承志団長は、挨拶のなかで、「イタリア国民、また、世界の人々に歴史の真相を理解してもらい、
中国国民が第二次世界大戦中に味わった苦難を知ってもらい、中国の「平和発展」の願いを理解してもらうために
、今回の展覧会を開催した」と述べた。
イタリア・ピサ大学の教授は「人々が忘れないでいてこそ悲劇の再演が防げる」と延べた。彼は学生を見学に連れて
行く予定で、若者世代に歴史を認識させ、容易でない世界平和の保持を教育するつもりだとした。
今回の展覧期間は2ヶ月間。
「大虐殺の真相」「国際救援」「日本のファシズムに対する共同の抵抗と裁判」「歴史を忘れずに平和を愛する」の4つのパートに分け、写真52枚、文化財約30点、書類と音楽映像資料約120点を展示する。(編集IA)』
まったくここまでして、日本を貶めたいのか=3。その前におきた中国人による日本人300〜400人くらい虐殺
された、「通州事件」の展示展を開催してほしいもんだ。国内でも。ついでに現在進行中のウィグル人(東トルキスタン)弾圧のことも公開しろ!てね。こんなので、イタリア人を騙せると思ってんのかしらw。写真はすべて、捏造なのに。小笠原満男が試合にでれなくなったら、外務省に抗議してやる。隆行にはイタリアに移籍して欲しくない!
よく、知らない人は私のアンテナに貼ってあるHPを見てほしい。
では、今年はお世話になりました。また、来年もよろしくお願いします。