本当はめでたい日(?)南京事件の真相再び

昔から中国の村や都市は外壁に囲まれていた。自衛の為に。
城壁に守られた南京のほぼ中央に南京戦の直前、民間人が戦闘に巻き込まれるのを避けるため、
外国人によって国際管理の安全区が設定される。1937年、7月、支那事変が勃発。
戦火が南京に飛び火する直前の同年12月、蒋介石や多くの市民が南京を脱出する。
情けない蒋介石w。
南京に残った20万人は軍の布告に従って安全区に非難した。12月13日未明、城壁の一角が日本軍によって
陥落する。陥落しても降伏する指揮官がいない。南京防衛軍司令官の唐生智が逃亡していたからw。
城内の中国兵は軍服を脱ぎ捨て、安全区に逃げ込んだ。日本軍は安全区の人間は攻撃しなかったが、
軍服を脱いだ中国兵が便衣兵とならないようにこれを摘発し、南京市民立会いの元、兵士と市民を区別した。
そして、場合によっては揚子江岸で、兵士を処刑する。この処刑は合法的なものだった。
戦時国際法は戦場での兵士でも降伏した場合は捕虜として、特別待遇するとなっている。しかし、その国際戦時法は
「軍服を着用し、訓練され、かつ上官の指揮下にある戦闘員のみ」に適用されるものだった。司令官が逃亡して全軍を指揮する者がいず、軍服も着用しない兵士には捕虜の特権がなかった。
にも、関わらず、南京陥落から一ヶ月後には、この処刑が南京虐殺として、英字新聞や、英文雑誌などで、
報道され始める。しかし、これは誤報だったから英文新聞の支那事変一周年記念号から南京虐殺の文字が消える。
ところが、これと同じくして、ティンパーリ編「戦争とは何か」(青木書店)に「4万人近くの人間が南京城内や、城壁近くで、埋葬証拠は示している」という告発状が載る。筆者は米国人のベイツ教授だった。
が、実際は当時の朝日北支版がいうように、「敵の遺棄死体」だった。ベイツの4万人虐殺説は根拠なき主張だった。このように戦前、国際的文書でも、南京虐殺はすべて虚報として否定された。ところが、敗戦後の東京裁判で、突加として、南京虐殺が持ち出された。不可解な事件だ。資料は

教科書が教えない歴史〈2〉

教科書が教えない歴史〈2〉

あと、面白いHPも見つけた。あの有名な読売TVのたかじんの動画が載ってるHP。ディープ・スペクターも陥落した番組ね。
http://lib.asunonippon.net/
資料書庫 南京大虐殺を検証する「英語字幕付き」をクリックしてほしい。
サヨク風に資料をだしてみたw。