ジャムヤン・ノルブ著『これが中国の国家犯罪だ』!

また中国批判!?と、怒る人もいるかも知れないけど、事実なんだからしょうがない(^^;)。
それに本書はアメリカの視点から、人道的罪を暴いている。
一般の中国人もほとんど人権がないのが現状。
特に刑務所内の工場の就労時間は異常だ。
毎日のように、血を吐いたり、疲労のあまり気を失ってる人がいるのが日常茶飯事だったり、
失明する受刑者もいたりするのだからいたたまれない。
また、公開処刑場が北京人工スタジアムだったりするんだから、そこで、プレーする選手たちがいるんだと思う
と、ガクブル。それだけではない、この著者は、「南京事件」や「東京裁判」を肯定してるのが少し、むかついた。
真実を知ってか知らずかわからないけどね!チベット人への弾圧もひどいけど、ウィグル人へのあまりにひどい
弾圧も書いてあったからよかった。やたら、ドイツのヒトラーのナチスによるユダヤ人大虐殺にたとえてるので、
ユダヤ系の人?って思った。それよりひどいといわれてるんだから、ギネスに載るねw。
このほかにもすべての宗教弾圧もあったり、いろいろ罪状がたくさん書かれてるよ。フセインのほうがマシとか。
国連は何してるんだ!?といいたい。IQの低い私にまでいわれて悔しくないのかね(#−−)。でも、貧乏だから、安い服しか、買えないし、アメリカで言えば、ヒスパニック系レベルの生活水準だから、不買運動はかなり
の難題(−−)。嗚呼、お金がもっとあればな。白人は偽善者!?ってひがんじゃいそう。金持ちの優しい人達に是非、この本を読んで実行してしい。中国に旅行してもうわべだけの風景しか見れないよ。これは海外へ一度も出たことのない私がいっても説得力なさそうだけどね(爆。

これが中国の国家犯罪だ

これが中国の国家犯罪だ