許せないことがいっぱい!

  • 中国の人権蹂躪映像 世界へ チベット亡命少年ら銃殺

産経新聞、10月22日より)
【北京=福島香織】9月末に中国チベット自治区とネパールの国境近くで亡命を試みたチベット尼層(25)や少年層(15)が、中国の国境警備隊の銃撃を受け少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で放映され、国際社会を騒然とさせている。(中略)、映像はルーマニアの登山家、セルゲイ氏が偶然撮影したものをルーマニア民放局が
14日に放映。その後、日本を含む各国でも放映され、米国の動画サイト「YOUTUBE」など、インターネットの映像配信で、世界中を駆け巡っている。

現場は、エベレストに近いチョオーユー峰のベースキャンプから、見渡せる氷河。映像は9月30日早朝、氷河の上を1列に並んでネパール国境のナンパラ峠に向かって歩いている約30人の行列を見下ろすように撮影されている。
警告発砲が響いた後、次の発砲音で。先頭の尼層が倒れた。カメラは銃を構える中国兵士の姿、続く発砲で行列の最後尾の倒れる様子。倒れた人を抱き上げる兵士の姿を捉え、目撃した登山家の「犬のように撃ち殺された」という
コメントが流れる。セルゲイ氏がインタビューに答えたところによると、一行はチベット仏教徒で、ダライ・ラマ
会うために亡命を遂行した。セルゲイ氏は、兵士の銃撃を逃れた、亡命者を助け、食料や衣料を分け与えたという。
(中略)。亡命者の約半分が、6〜10歳くらいの子供で、無防備な状態を背後から銃撃されたことが判明。チベットの難民組織など、複数の人権団体の情報を総合すると、亡命者は、全部で73人でネパールにたどり着いたのは43人。そのほかは子供を中心相当数が当局に拘束されているという。

動画は長田幸康さんによるチベットポータルサイト ILOVETIBETの掲示板にある書き込みでみれる。

この映像見たときは、恐怖と怒りでいっぱいになった。何の罪もない人間を撃つなんて、国際社会から抹殺されるべきだ!支那共国家は。子供達を助けてあげたいけど、何も出来ない。支那料理すら食べたくなくなるよ。見ると、イライラする。でも、たまに食べるけどw。昔、共食いの歴史や文化があった位だからね。吐き気がするよ!
今更、この問題を取り上げてしまった(^^;)。関心のある人達はググって見てください。