『Jealousy』〜『ART OF LIFE』までの物語

「ジェラシー」嫉妬深い私にぴったりなタイトルだことw。この頃、運命の出会いがあったの。私と、同じくらいのチビで、可愛い娘。コスプレの仕方も、彼女から、学んだ☆ 一緒に原宿や、新宿に、遊びに行ったり、クラブに行ったり
、同じ会社の寮だったから、お互いの部屋を行ったりきたりの毎日。すごく、仲がよかった。初めてⅩのLIVEに
いったのもこの頃。東京ドームだった。忘れもしない、8月25日。黒服でいった。XJUNP(笑。や、「エンドレスレイン」を観客全員で歌った時は、鳥肌もんだった。YOSHIKIのドラムソロでは、倒れたので、ヒヤx②したり、「HIDEの部屋」では、妖しげな感じに、感激(><)。そのあと、YOSHIKIのピアノソロの最後のほうでは、壊れたかのように、鍵盤を叩きまくるw。2度目のライブでは、ヨシキが倒れて(風邪で?)、延期になったチケット
で、11月4日の、横アリ(横浜アリーナ)。なんと、最前列で、HIDEちゃんと、目が合ってドキッとした。
当時はYOSHIKIと、HIDEちゃん二人とも、好きだったので、プチYOSHIKIコスで行った。
アルバムの曲ではタイトル曲が好き。あと、ラストの「Say Anyshing」も。HIDEちゃん作曲の
「LoveRplica」はもし、私がグラビア系のルックスしてたら、フランス語の訳詞に共感できるw。
「Miscast」は面白い。その時にでたのが、シングル『Standing Sex』アルバムに入れたかったけど、レコーディング期間が「ジェラシー」の発売日までの
時間がなかったとか(爆。YOSHIKIらしいエピソードだよねw。3度目が、翌年の1月7日のドーム。その時
なぜか、(もう、会えない。)と感じて、初めて泣きながら、「エンドレスレイン」を歌ってた。隣のSちゃんも号泣。この時はHIDEコスの格好で行ったw。だいぶあとになって、ライヴヴィデオみたら、HIDEちゃんやYOSHIKI、メンバー全員、泣いてた。そのあと、TAIJI(ベーシスト)が脱退するって決まってたからなんだって。
納得。そのあと、Ⅹは活動休止。私自身も、Sちゃんと、いろいろあってけんか別れして、それっきり。今でも、後悔してる。隆行を好きになってから、少し、傷は癒えたけどね♪当時は、X JAPANに改名して、ひぃちゃんこと
HEATHが新加入するは、海外デヴューするわで、何かと、お騒がせな彼らだったけど、傷心の、私は実家で、LUNASEAも聴きながら、泣いてたけど、やっぱり、もう一度、会いたくて、ウェイトレスの仕事見つけて、武道館まで
駆けつけた。YOSHIKIソロだけか、と、思ったら、メンバー全員出てきて、感動。HIDEちゃんは、髪をピンクに染めてて、目が釘付けになった。終わったあと、一人だから、淋しかった。そのまた、翌年にでた(やっと=3)
「ART OF LIFE」。30分の大作。なんと1曲で!最初、聴いたときは、感動して、泣けた。バラードあり、ロックあり、クラシックのメロディーと重なったすごい曲。ライブで実現された日にゃ、ぶっ飛んだ。あっという間に感じるのが不思議。詞は、いろんなヨシキの人格がたくさんでてきて、本人でも、カオスになる、みたいな。でも、生きたいって詞にかいてあるのでホっとしたw。HIDEちゃんも、「ヨシキ、お前、死ぬなよ・・」っていってたくらい。それなのに、なぜ自分のほうが先に逝くんだよっていいたい(号泣。その曲の中のピアノソロは途中から不協和音になってくから、
怖い。気分が悪くなってしまった。当分、聴けないよ(T0T)。病気治るまでは。ヨシキ、ごめんさい(_ _)。