リアリティ・バイツ&ほの暗い水の底から

とりあえず、ウィノナ・ライダー主演と、イーサン・ホーク出演の映画から。「リアリティ・バイツ」
珍しく、イーサンが、トロイという、定職につかず、バンド活動してる役なんで、以外だと、思った。
ウィノナはリレイナと、いう、TV局に勤めている人、マイケルの恋人。
でも、仲間達を撮ったドキュメンタリー映画が全然ちがうものになっていて、落ち込む。
その時、トロイが慰めるんだけど、そのあと、二人は出来ちゃうんだなぁ。
ライブでギター弾いて歌ってるトロイはかっこいいけど。男女4人が共同生活するなんて、
奇妙な感じ。不自然というか・・・。「ずっと友達でいたい」なんて、ずるいなと、思った。
じゃあ、一緒に住まなきゃいいのに。でも、最初からトロイにしときゃ、よかったのにね。
遠回りしすぎだな。

次は「ほの暗い水の底から」。
ある親子が離婚して、引っ越したのが、場所が悪かった。毎年ロードショーとかで、やってるから、
みんな知ってると思うけど。2〜3回くらいみたけど、怖かった。浴槽の血のような、泥水から、バッと手がでてるとことか、洗面所の蛇口から、変な色の、水がでたり、髪の毛が一束くらい、落ちてたり。
子供には霊の姿がみえてるみたいだった。
仄暗い水の底から [DVD]

仄暗い水の底から [DVD]