秋茜ーKASUMISOUーとX『BLUE BLOOD』

これはすごい!今までになかったPUNKBAND。ギャルバンとも、いうけど、聴いててど真ん中にきたw。
「1945」は泣けます。英語がわからない人は辞書を引いてね。
「オン・ザ・レコード」は励みになる。
アルバムタイトルの詞も、これだ!って感じ。「CLOVER」はかなりヤバイ。「うたばん」では歌わせてもらえない曲だよ(爆。お勧めは「Uncle Sam」。反米主義の人や、マイケル・ムーア好きの人に受けそう。
沖縄の人達にも、受けそう。小林よしのりが少し入ってます。自由なアメリカの暗黒面を英語で歌ってる。
あとは、聴いた人の判断のまかせるよ。参否両論ありそう☆Kasumisou
次は私の青春、ブルブラ。今だにマニアの間で伝説となって語りつがれてるX JAPANになる前の作品。
この頃は、初めて上京して、社会生活で、しかも、門限付きの寮生活の中で、出会ったBAND。
「Mステ」で、YOSHIKIが泣きながら、ピアノを弾いてる姿にグサッときて、Xにもハマった「ENDRESS RAIN」がはいってる作品です。それまでは、同じ会社の人がみてるLIVEビデオをみて、HIDEしか、興味なかったけど、
これで、一気に私のX人生が始まったね。有名なXジャンプで知られる(^^;)「X」もはいってます。
HIDEちゃんの曲は「CELEBRATION」。このあと、最悪な会社だったからやめたけど、コンサートいかせてもらえなかったので。今どきありえないでしょ!?次に再就職した、会社でライブ行きまくったけどね。
この頃が一番、よかったなぁ。今は何処にいっても、隆行に会えないし、って、音楽から、脱線しそうになちゃった(^^;)。やっぱり、スポーツより、音楽のほうが今でも、好きかも。昔、歌手になるのが夢だったくらいだもん!
でも、比べること自体、変かな?

BLUE BLOOD

BLUE BLOOD