ドルトムントの奇跡起こせず。

ついにジーコジャパンのW杯が終わってしまった。
4−1のスコア。玉田が決めた時はすごい嬉しかった。
もしかしたら、勝てるかも!?と、思い、TVにかぶりつき状態。
川口も最初のうちは集中力が切れてなかった。
でも、さすがのロナウドのフェイントGOALには手が出なかった。
巻がスタメンのときはびっくりしたけど、良くがんばったと、思うよ。
今となっては。
もうちょっと夢をみせてほしかったけど、4年間本当にお疲れ様。
8年前と、ちがうのは、アウェーで勝ち点1をクロアチアから、取れたこと。
4年前とちがうのは、隆行のような強運の持ち主がいなかったこと。
なにをいっても、たらればになっちゃうね。
でも、日本のサッカーはまだx2これからも、進化するはず。
オブリガード☆ジーコ
今は、まだ、このくらいしかいえない。