読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 DEATH NOTE

これは、原作もアニメも全話まとめて観ました。 実写版ライトは成宮がいいという意見が多くて嬉しいです♪ ダークナイト効果かしら? とても考えさせられる神作品です。 Lと月、どちらがジャスティスなのか? 10年前ならキラが正義だと思って応援してたが…

右翼と左翼

また、立ち読みで途中までしか、読んでないですが、冒頭に一水会の会長が冒頭に文章を書いていた。 左翼は大きな幻想、右翼は小さな幻想で、結局自分のことしか考えてないみたいなことを、 ネトウヨや右傾化の世の中に対して感想をかいていた。 まさに私のこ…

『国家の品格』藤原正彦 著

これは、ベストセラーになった理由が読めばわかるね。 日中戦争とかの歴史認識や、軍事力の強化の必要性が欠けてるけど(−−) それプラス、この本に書かれてある、武士道とか、自然に対する情緒とか、敗者や弱者に対する惻隠の情が大切と書かれてある。なる…

『「東京裁判」を裁判する』渡部昇一 著

これは素晴らしい!初めて読む人は目からうろこだよ。 満州事変も詳しくかいてあるし、当時の海軍と陸軍はそれぞれ、独自に決断をするので、海軍のことは陸軍最高指令官でもわからなかったそう。あの当時の総理、東條ですら、海軍のパールハーバー計画を12…

『スイスと日本 国を守るということ』松村 つとむ

副題には、「永世中立を支える「民間防衛」の知恵に学ぶ」とかかれてある。 これから、自衛隊に入る人や国防を目指してる人にお勧め。 スイスはとてもしたたかな国だ。ちゃんと武装している。 戦前に戻ればいいだけだと私は思うけどね。一読してみたけど、面…

『大東亜戦争の正体ーそれはアメリカの侵略戦争だったー』清水馨八郎 著

これは読んでて面白かった。インドネシアのジンクスには、「日本を攻めた国は必ず滅びる」というのが あるそうだ。そういえば、ロシアもロシア革命で、皇帝が滅びたし、旧ソ連は米との冷戦に負けて滅びた。 オランダもイギリスも植民地を失った。アメリカも…

稲田朋美 著『百人斬り裁判から南京へ』文芸春秋文庫

この裁判が敗訴した時はこの人が大嫌いになってしまった。議員なんか、やってるから負けたんだって。 でも、読み進んでいくうちに、稲田弁護士のことはともかく(笑、野田毅少尉や向井敏明少尉の遺書や 当時の南京での茶番な「裁判」の様子が細かく記録され…

『大東亜戦争の真実ー東条英機宣誓供述書ー東条由布子編』

これは極東裁判という、リンチ裁判にも関わらず、死刑を覚悟しながらも、この戦争を始めるまでの経過と終戦までを正直に、嘘偽りなく、勝手にA級戦犯にされた東条が法廷で語ったことのすべてが載っている。 ABCD包囲網により、石油の輸入が困難となり、…

『温故1942』

私的には仰天ニュースなのだが。元人民解放軍だった、中国の作家が河南省の大干ばつを救ったのは、国民党政府ではなく、旧日本軍だった。と、いう本を出している。本当の話なら嬉しい。 良く、大陸で、出版できたなー^^。 しかも、中国で、映画化されると…

sapio(国際情報誌)

いつのまに6万,ページビューを超えてた。みんな、ありがとうねー♪ これからもよろしくm(__)m。 さて、本題に入るが、この雑誌、PCのネット環境にない人にとっては、貴重な情報源の1冊。 あの若者達に支持されてる小林よしのりの「ゴーマニズム宣言」が今…

『アブナイ!中国』・漫画

これは、書店で見つけたもの。あまりにも低い農業生産。! 人口の4割結核菌の保有者! 国際法に無知な解放軍が暴走! 次々と食い物される日本企業! ちなみに鳥インフルエンザは中国発祥(@@)。 これ読むと、旅行に行くとき便利だ。あと、中国のタクシー…

金 完ソプ著『親日派の為の弁明』&黄 文雄 著『韓国は日本が作った』

まずは『親日派の為の弁明』。この著者は、約11年前までは、反日で、韓国人にありがちな誤大妄想的な本を書いていたのだが、ある日を境に真の韓国史を知り、親日派になる。そして、この本が完成するのだが、2002年の4月になんと、国内で、逮捕されて…

井上雄彦『バカボンド』・安野モヨコ『さくらん』

祝4万HIT☆☆☆☆ プレヴュー。 皆さんのお陰です。これからもよろしくね。って、自分がたくさん踏んでたりしてwww。なんて、そんなことないからね! 最初は、隆行ファンの間で有名な「バカボンド」の2巻。20巻以上まで出てるんだけど、劇画タッチの絵…

荒木”REM”正彦 著『Pink Cloudy Sky』〜俺とhideの横須賀ロックストーリー〜

この本はREMくんとひでちゃんとの出会いから98’までの交流と、自分の生い立ちを語っている。 なんて、言うか、表現できない。Pink cloudy sky―俺とHideの横須賀ロック・ストーリー! (バウハウスムック)作者: 荒木 REM 正彦出版社/メーカー: メディア・…

三島由紀夫『獣の戯れ』

hideちゃんも、山田詠美も愛読してたって。だから、読んでみた。ストーリーは幸二が人妻の優子に恋をしてしまう。で、夫の浮気を相談されて、先輩なのに、スパムで殴ってしまうー。 憂国忌 今年で36回忌だそうで、サヨクの人達以外の人が11月25日…

桜井誠著『嫌韓流 反日妄言マニュアル』は誰もが通る道らしいw。

う〜ん、私としては、「南京大虐殺妄言マニュアル」本がほしいくらいだけどw。 まあ、女性の右翼さんにも読んでほしいので紹介&感想。嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル作者: 桜井誠出版社/メーカー: 晋遊舎発売日: 2005/12メディア: ムック…

ジャムヤン・ノルブ著『これが中国の国家犯罪だ』!

また中国批判!?と、怒る人もいるかも知れないけど、事実なんだからしょうがない(^^;)。 それに本書はアメリカの視点から、人道的罪を暴いている。 一般の中国人もほとんど人権がないのが現状。 特に刑務所内の工場の就労時間は異常だ。 毎日のように…

山田直樹『創価学会とは何か』

これから、創価に入ろうかなーとか、創価信者に勧誘されてる人にお勧め。創価学会とは何か作者: 山田直樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/04/15メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 66回この商品を含むブログ (11件) を見る衝撃的な事実が書かれている…

松本裕士・著『兄弟ー追憶のhideー』

必ずhideちゃんの本を読んだ感想を書こうとすると、すぐ、今までかいた原稿が消えてしまうー。なんで!?私にも書かせろおおおお。 この本は兄弟愛と、マネージャーからみたhideちゃんという、アーティストと、弟から見た、兄・秀人の1面を書いてい…

西村幸祐・著『反日の構造』

この人は元スポーツライターで、日本WCの「ヤタガラスの軌跡」を出した人で、半年前までスカパーの767ch で、やってる「日本文化チャンネル桜」の金曜日のキャスターをやってた人。今はどこにいるんだろう。 この本では拉致問題から、中国のアジア杯の裏側…

『南京事件ー「証拠写真」を検証する』

私は鈴木隆行のサポなのは、みんな知ってるよね。だから、当然アジア杯も見た。 そこで初めて中国の異常なまでの反日ぶりを知ったの。これも前書いたけど。 好気心の強い(暇人とも世間はゆうw)私はそんなに日本が悪いの!?と、いろいろ知りたくなったっ…

光野 桃『スランプ・サーフィン』

これは、作者の経験に基づいたエッセイ集。私にピッタリだと思って、早速読んでみた。 彼女は元々、おしゃれのエッセイストでこれが最後のエッセイ集。 このあと、小説をだしてる。人生の大きな転換期には、必ず、心に限界がきたり、 軽鬱になるのかなって思…

田中正明『パール判事の東京裁判日本無罪論』

これは真実です。戦勝国によるリンチ裁判。パール判事は言ってます。「私は正しき法を適用したにすぎない」 と。パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)作者: 田中正明出版社/メーカー: 小学館発売日: 2001/10メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 111回この商…

小林信也『青い血の微笑〜Yoshki Amathiyst〜』・『Ⅹの爪跡ー6人目のXを探してー』

これを読むと、Xと、ヨシキの魅力がわかります。この本の冒頭を開くと、ヨシキワールド全開。 ヨシキ人形(リカちゃんファミリーw)の写真も載ってる・・・これ、赤いの持ってます(爆。 この本はXファン、ヨシキファン必読です。ライブの模様や、NYで…

hide『がんばんだぞ』〜優しさと、愛と勇気をありがとう〜

これは、hideファンならずとも、涙なしでは、読めないノンフィクション。 今も、難病と、闘っている。貴志真由子ちゃんと、hideちゃんの暖かい交流と、もう一人の難病患者、愛ちゃん とのメールのやりとりを綴った本です。私は残念ながら、ドナーの…

『私が見た未来』by「ほんとにあった怖い話」より。たつき諒・著

これは、「BOOK OFF」で見つけたんだけど、数年前にw。 心霊体験や、予知夢体験とか、いろいろ、載ってて、オカルト好きには、堪らない話。 絵も、好きだしね。ふふ、実は何を隠そう、自分も、夢日記なるものを昔、つけてたのさっ。 幽霊はまだ、夢…

『悪者見参』ユーゴスラビアサッカー戦記を読んで。

木村元彦さんが書いた本。この本を読んでセルビア軍や、セルビアのテロリストが大嫌いになった。第一章では、 マラカナスタジアムや、ベオグラード、レッドスターの名前がでてきて、わくわくした。 第2章に進むにつれて、日本人選手がズベズダに移籍しそう…

BRONZE ZETSUAI since1989by尾崎南

これまでのストーリーをざっと説明するね。(コピペ笑)。 ー小学校5年の夏の出会い、そして、高1の運命の再会以来、激しく泉 拓人を求め続ける南條晃司。 拓人はJリーグで新人王を獲得、スーパースターへの道を歩み始めた。晃司も、音楽界に、復帰、 大…

痛いほど君が好きなのに。

これは、本人が書いた自伝的恋愛小説。 イーサンファンは一読の価値あり。 感想は変なカップルが出会って別れるまでの話。 映画化されたら、面白いだろうなぁ。 日本語版吹き替えはナリがいいな。またか、って思われそうだけど。 ストーリーは、お互いに好き…

『ハッピー・マニア』

これは5〜6年前に大人気だった漫画。ドラマ化されたので覚えてる人、多いだろうが、 当時、仕事もクビになって、失恋したての時に買って読んだ。特に重田の暴走ぶりが面白い。 ずっとタカハシが本命らしいから、一途になってれば、いいのに、次々といろん…

小さいことにくよくよするな!

この本に書かれてあることを実践してみれば、穏やかな人生をすごせるって作者はかいている。 私も前向きになりたくて、買って読んでみたけど、なかx②実践できない(^^;)。 でも、ベストセラーだから、参考になってる人や、人生が変わった人もたくさんい…

最近、読んでるマンガ

「嫌韓流」1巻、2巻。これは在日の人達に読んでほしい作品。冷静になって、落ち着いて、ね。 寧ろ、私のほうがキレてしまうんだけど(笑。日本人として。ちょうどWC期間中なので、1巻から、順番に読んでね。登場人物は、すべて、フィクション。実在の人…

『ファイト!』シリーズ・武田麻弓

この本は聴覚障害をもった元ヘルス嬢「豹ちゃん」がかいた半生を綴ったノンフィクション。(昔、スーパーテレビに出てた)。 乙武君にも負けずおとらずの前向きなパワーに圧倒された。もう、波乱万丈な人生。でも、自由に生きててすごい、と思った。共感でき…

NANA

最近、集めているのが、これ。アニメもスタートしてるし、DVDはまだ、見てないけどすごく複雑な人間関係や、 音楽業界の裏も描いてて夢中になってしまったw。それに原作では奈々のナナ(ややこしい)に対して過去形で語りかけてるのも気になって仕方ない…

風味絶佳作者: 山田詠美出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2005/05/15メディア: 単行本 クリック: 24回この商品を含むブログ (310件) を見るひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)作者: 山田詠美出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1991/11/25メディア: 文庫購入: …